ひとつの言葉

言葉は消えないから
ふたりの間に降り積もるから
ひとつでは伝えきれないことも
ゆるやかに形になっていくものだから

あなたはただあなたらしく
思うままを伝えてください

ひとつの言葉が伝わらないことを気に病んで
伝わるように調整したりしちゃいけない
それは降り積もりかたを不自然にして
やがてあなた自身を苦しめるから

それが優しい言葉じゃなくても
そのひとにしか言えないわがままや
そのひとにだけ聞いてほしい不安なら
それは言ってもいいことなんだよ
それはあなたを示すものだから
あなたの気持ちを構成する大切なものだから

あなたはただあなたらしく
思うままを伝えてください

嘘のない言葉は消えないから
ふたりの間に少しずつ降り積もるから
伝えきれなかった言葉たちが形成するあなたが
どうか素直なあなたでありますように

広告

両手いっぱい

「どのくらい好き?」って君が訊くから
この気持ちを何に喩えようか迷ったけれど

富士山を12個積み上げた高さ?
東京ドーム20杯分?
地球を4周半?
14万8千光年の彼方?

僕はこの両手をいっぱいにひろげて
「このくらい好き」って言おう

何かに喩えるでもなく何かで量るでもなく
僕は僕の精一杯の気持ちを君にあげたいから
ほんの一瞬背伸びしてみせることよりも
僕はこの気持ちをずっと君にあげたいから

だから僕はこの両手をいっぱいにひろげて
「このくらい好き」って言おう