loktofeit

およそ想定できるすべてのもの
その何もかもを失ってもいい

そんな覚悟と引き換えに
護るべき大切なひとの顔や

帰るべき場所のひとつさえ
思い浮かべることができないのなら

およそ想定できるすべてのもの
その何もかもを置き去りにすることでしか

もう僕はこの存在を
認識できないんじゃないだろうか

忘れ去るだけのために
手にしたものを忘れ去って

忘れたという事実と
その忘れかただけを握り締めて

統計的手法によってその実体を
投影するしかないんじゃないだろうか

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中