wand of mages

君は嘆きの魔法使い
杖を失くした魔法使い

その嘆きが君の魂まで
呑み込んでしまう前に

僕が作った杖をあげるよ
ちょっと気難しい杖だけどね

この杖はその魔力を失うまで
その手から離れることはない

それまで君が発する言葉は
ぜんぶ魔法に変わっちゃうんだ

それでもよければこの杖を
杖を失くした君にあげるよ

君は嬉々として杖を手にとり
どんどん魔法を唱え続けた

君が求めた温もりは
君がそれを訂正する前に差し出されるし

君が嫌った寂しさは
君が罪悪感を感じる前に回収される

そうだよこの杖にはもうひとつ
説明してなかったルールがある

杖の魔法によって実現したことは
同じ杖の魔法では上書きすることができないんだ

いまになって気づいても
その杖は君の手から離れない

君が望み貪ったものを
君がわざと見過ごしてきたもので埋め合わせて

その魔力を無効化するまで
その杖は君の願いとは裏腹に君の望みを叶え続けるんだ

目を逸らすこともいなくなることも
君自身の魔法でもう選択できなくなってる

杖の魔力を一発で使い切る
強力な呪文もあるにはあるし

その呪文の言葉や唱えかたなんて
ずっと前からわかってるはずなんだけど

少なくとも僕に対して
君がそれを唱えることはない

だから僕が作ったその杖は
もう君の手から離れることはないんだ

君が望めば望むほどに強く
君が望まないなら望まないほどに強く

君が君自身を忌む限り
君の手から離れることはないんだ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中