neige de sourire

空の気まぐれみたいに
少しだけ降りてきた雪

ふわふわと降りてきては
また風に吹き上げられて

はしゃぐ子どもの手の
おもちゃの飛行機みたいに

楽しげに飛び回るから
僕はずっと見上げてたんだ

こんな冷たい地面になんか
積もらなくっていいんだって

ふと語りかけた僕に
雪が笑いかけた気がした

その白さに僕は
手を伸ばすべきなんだろうかなんて

そんな戸惑いだって
すぐにわかっちゃうんだろうね

そうまるで彼方の空から
君が手を差し伸べてくれたみたいさ

ちょっと懐かしいような
あたたかな白さがそこにはあって

それが僕にとってはまだ
ちょっと眩しかったりするんだけど

その手をとることができたら
僕もまだ飛べるんじゃないかって

そう思えたことに
ありがとうを伝えたいんだ

螺旋に舞い上がれ僕の想い
この空にせいいっぱい手を伸ばすから

折れた翼でもせめて
君の空まで届きますように

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中