ad splendor

傷を重ね
透明度を失っていても

君の内側で
回転し続けているもの

それが運命
あるいは等間隔に刻まれた記憶

それさえも
僅かずつ劣化し続けるけれど

細かな傷が
立ち込める霧のように

君を隠しても
巻き取られ続けるもの

右と左
巻き終わっては反転する記憶

その帯域幅が
失われてしまう前に

今をなぞって
周波数に変えよう

次に反転して
表を向いたら

いちど振動に戻して
また記録しよう

広告